Cyberoam社のUTM製品を取扱い開始

2014年2月17日

2014年2月17日発表

ネットワークセキュリティ事業を推進するジェイズ・コミュニケーション株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役:愛須 康之、以下 ジェイズ・コミュニケーション)は、Cyberoam Technologies Private Limited(本社:インド Ahmedabad、CEO:ヘマル・パテル、以下 Cyberoam)と日本で初めての代理店契約を締結し、本日より次世代セキュリティソリューションCyberoam NGシリーズを中堅、中小企業向けに販売を開始します。

今日、ビジネスにおける情報ネットワークは急速に変化しています。モバイルデバイスの業務利用、各種アプリケーションのパブリックサービス化やプライベートクラウドの広がり等、多様化するアクセスに対応するスピードとセキュリティ対策が求められています。

Cyberoam NGシリーズは、最先端のハードウェアと最適化されたファームウェアによるUTMアプライアンスです。UTM機能を全て起動した状態でも優れたパフォーマンスを発揮します。品質面では、世界標準であるCC(コモンクライテリア)で最高レベルEAL4+の認定を受けています。Cyberoam NGシリーズのUTMは以下の機能を標準搭載しています。

1.ステートフル・インスペクション・ファイアウォール
2.アプリケーションの可視化と制御
3.アンチウィルス
4.アンチスパム
5.IPS(不正侵入防止)
6.Webフィルタリング
7.VPN
8.帯域制御
9.マルチリンク管理

また、上記をCyberoam独自のレイヤ8(ユーザ)と関連付けて設定することができます。

CyberoamのUTMは、世界125カ国以上で利用され数万台の出荷実績のある製品で、国内でもOEM提供の実績がありGUIも日本語化されています。Cyberoam NGシリーズは、優れた価格競争力を持つ次世代UTMとして高い評価を得ています。
ジェイズ・コミュニケーションは、次世代セキュリティ機能を搭載するCyberoam NGシリーズの取扱いを開始するとともに、Cyberoamのクラウド環境の管理プラットフォームを利用したMSS(マネージド・セキュリティ・サービス)の提供を予定しており、多様化するセキュリティソリューションへの要求に応えていきます。

製品についての詳しい情報は http://jscom.jp/products/cyberoam/ からご覧いただけます。

※ UTM(統合脅威管理)とは、従来のファイアウォール+VPN機能に加え、マルウェアやハッカー対策等の統合的なセキュリティ機能を搭載した製品です。

プレスリリースの全文はPDFファイルをご覧ください。

お問いあわせ
報道関係のみなさま
マーケティング部 水野
tel : 03-6222-5858
fax : 03-6222-5855
電子メール : press at jscom.co.jp

お客さま
お客さまインフォメーション

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat 8以降、もしくは、Adobe Reader 8以降が必要です。PDFファイルにはベリサイン発行の証明書による署名を行っています。証明書の検証方法はこちらをご覧ください。

また、それ以前のAdobe Acrobat/Adobe Reader/Adobe Acrobat Readerでは正しく開くことができません。また、他社製の互換ソフトでも正しく開かないおそれがあります。

最新のAdobe Readerをダウンロードするには、アイコンをクリックしてください。