Gleas / グレアス

さらに進化。そして便利なプライベート認証。


証明書を使った相互認証による厳格なセキュリティ・プラットフォーム
従来からの課題であるネットワークへのセキュアな接続と、急速に普及が進むスマートデバイスからのアクセス管理など、さまざまな利用シーンにおいて、Gléasを利用することにより、証明書を使った相互認証による厳格なセキュリティ・プラットフォームを安全かつ手軽にご利用いただけます。

全く新しいプライベート認証局

プライベートCA Gléasは、証明書の発行・配布・失効にいたるライフサイクル全体の管理を、高い柔軟性と操作性で実現するために開発された認証局アプライアンス製品です。
JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズが、自社で開発することで、お客様からのニーズに対して、迅速かつ柔軟な対応を実現しています。中小規模から10万ユーザを超える大規模ユーザ、およびサービスプロバイダへの対応を強化した全く新しいプライベート認証局製品です。

また、Gléas はジェイズ・コミュニケーションが従来より販売する、Pulse Secure社 PSAシリーズ (旧 Juniper MAG)や、Cisco Systems, Inc.「Cisco ASA 5500シリーズ」に対応しており、これらの製品と連携することで、SSL-VPN、IPsec-VPN接続時の認証強化など、多様なソリューションが可能となります。

運用管理の負担を軽減するインターフェース

認証局を運用する上で管理すべき項目は多岐にわたります。証明書はもちろん証明書を使用するアカウントや証明書を格納する認証デバイスなど、Gléasでは統合された管理インターフェースを提供し、管理者の負担を軽減させます。
また、証明書を利用するエンドユーザ自身によるユーザ登録申請や証明書発行申請も画面から簡単に行えるため、申請発行業務を大幅に簡略化できます。

お客様ポリシーに合わせた柔軟な運用設計

Gléasでは、3種類のインターフェイスを用いた管理概念を採用し、柔軟な管理・ 運用を実現しています。たとえば、登録局(RA)・発行局(IA)に対して別の管理者をたてる運用や、発行局(IA)を自動化してひとりの管理者で運用す ることなどが可能です。
また、マルチテナント機能により、1台の認証局に複数の組織における管理を、その各運用単位毎に実現することも可能です。

充実したアカウント管理機能

ユーザやコンピュータ、サーバなどの証明書を発行する対象は、アカウントととして統一管理されます。アカウントはグループに参加することで分類して管理できます。アカウントが所属できるグループの数には制限がないので、複雑な構造の組織にも対応可能です。
また、CSVやvCard形式のファイルや既存のLDAPサーバを利用したアカウント情報のインポート・エクスポートを行うことも可能です。

証明書のライフサイクル全体を管理

Gléasは、証明書の要求・作成・失効・有効期限切れまでの証明書ライフサイクル全体を管理します。多彩な条件で証明書を検索し、一覧表示する機能も備えているため、大量の証明書を効率的に管理可能です。
ドック機能やクイックナビ機能を使用すれば、さらに作業の効率化を図ることが可能です。