Juniper Networks EX Series

バーチャルシャーシテクノロジが、ネットワークをもっとシンプルに
Juniper Networks EXシリーズ Ethernet スイッチは、高ポート密度、高速 CPU + ASIC アーキテクチャを基に、モジュール式、ポート固定型の両タイプをとり揃えたレイヤ3対応のイーサネットスイッチです。サービスプロバイダでの使用実績が豊富な Junos など様々な技術を採用しており、キャリアクラスの高い信頼性とパフォーマンスを実現します。
企業やキャンパスをはじめ、データセンタなどあらゆる市場のお客さまにおすすめできる製品です。

ジュニパー独自のバーチャルシャーシ(仮想シャーシ)技術が、ネットワーク構築の経済性を高めます

バーチャルシャーシ(Virtual Chassis:VC)とは、最大10台の機器を仮想的に1台の機器とする技術です。
複数のスイッチを最大320Gbps*の高速バーチャル・バックプレーンで相互接続し、1つのデバイスのように運用・管理が可能になります。
* EX4600でバーチャルシャーシ構成した場合
3階層から2階層に、よりシンプルな構成へ
従来のコア層 – 集約層 – アクセス層の3階層構造がバーチャルシャーシ機能によりコア層 – アクセス層の2階層構造となります。間のアグリゲーション層が不要になることで、数十台から数百台のスイッチを削減することができます。 さらに、本体だけでなく、必要ポートやケーブル類も削減し、管理機器の減少により、運用の負荷も削減できます。

運用・設定コストを大幅削減、 最大10台分を一台に集約

バーチャルシャーシ構成では、最大10台を一台の仮想スイッチとすることで、最大10台分必要な設定作業が一台分ですみます。また、一台の機器からバーチャルシャーシ環境を構成する全ての機器のログが出力されることとなり、運用工数も削減できます。

最大480ポート、最大接続距離80Km*で、自由な機器構成が可能

バーチャルシャーシ構成では、事実上スイッチ間での接続距離に制限がありません。そのため場所や距離を気にすることなくフロアーや異なる施設などの拠点間ですら、結ぶことが可能になりました。 EXシリーズであれば、24/48ポートやPoEといった違いも問題無く、環境や用件に応じた自由なネットワークが構成できます。 *XFP-10GE-ZR等長距離Opticsでの接続時

キャリアクラスの高い信頼性と可用性

EXシリーズはサービスプロバイダーでの使用実績が豊富なJunosなどの様々な技術を採用しており、固定型のスイッチにも、シャーシ型システム同等のHA機能を搭載、既に市場で定評のあるJunosOSやL2/L3フェイルオーバー機能との連携により、真にキャリアクラスと呼ぶにふさわしい信頼性を実現します。
GRES(Graceful Routing Engine Switchover)、NSB, NSRをサポートしているため、マスターのルートエンジンに障害が発生した場合でも切れ目なくデータ/コントロールプレーンの機能が移管されます。

ソフトウェアアーキテクチャ / Junos OS を採用

EX シリーズは常に「1つ」の存在である Junos OS を OS に採用。ほかの Junos OS 採用製品と機能の実装・動作に一貫性を持たせています。 一貫性維持のため、Junos OS は1つのソースコード、1つのアーキテクチャ ( モジュラアーキテクチャ )のみを採用。お客様を惑わせることのない、きわめて厳格な開発プロセスにこだわっています。