Juniper Networks EX4500 シリーズ

Juniper Networks EX4500シリーズは、1000BASE-X / 10GBASE-X対応SFP / SFP+ポートを32~40内蔵するレイヤ3 Ethernet スイッチです。
拡張モジュールをインストールすることで最大48 ポートのフル10GbE レイヤ3 Ethernet スイッチとしてご利用いただけます。同ラインはもとより、EX4200 ラインとのバーチャルシャーシ構成と内蔵電源冗長をサポートしています。

EX4500シリーズの特徴

EX4500 Series スペック

型番EX4500-40F-VC1-FB
EX4500-40F-VC1-BF
EX4500-40F-VC1-DC
バックブレーン容量128 Gpbs (バーチャルシャーシ)
パケットスイッチング容量960 Gbps
レイヤ2
最大転送レート714 Mpps (ワイヤスピード)
最大MACアドレス32,000
最大VLAN4,093
レイヤ3 (IPv4)
最大 ARP エントリ8,000
最大 IPv4 ユニキャストルート10,000
最大 IPv4 マルチキャストルート4,000
ルーティングプロトコルRIPv1/v2, OSPFv1/v2 (オプション), BGP (オプション), IS-IS (オプション)
レイヤ3 (IPv6)
最大 Neighbor Discovery
(ND) エントリ
1,000
最大 IPv6 ユニキャストルート1,000
ルーティングプロトコルRIPng, OSPFv3, BGP-4, IS-IS for IPv6 (すべてオプション)
セキュリティ
MACアドレス制限
ローカルプロキシ ARP
ハードウェア ACL エントリ (ACE)1,500
802.1X サポート EAPMD5, TLS, TTLS, PEAP
Link Aggregation
サポート LAG グループ64
LAG グループあたり最大ポート8
QoS
レイヤ2 / レイヤ3〇 / 〇
マルチキャスト
IGMPv1 / v2 / v3
PIM-SM / PIM-SSM / PIM-DM〇 / 〇 / 〇
インターフェース
内蔵 EthernetSFP+ x 40
(うち、Power over Ethernet)n/a
拡張モジュールスロット2
バーチャルシャーシポート2
その他のインタフェース管理用 10/100/1000BASE-T x 1, Rj-45 コンソールポート x 1, USB x 1
サイズ・電源
サイズ ( W x L x H )438 x 536 x 89 mm (1U)
質量170kg
電源1,200W, デュアル対応 (AC/DC)
高可用性
Redundant Trunk Group (RTG)
VRRP