Mirageworks iDesk


ネットワークの分離こそ最高のセキュリティ
マルウェアの侵入、標的型攻撃を遮断
MirageWorks iDeskは、インターネットからのサイバー攻撃を遮断するソリューションです。PC環境から隔離された仮想ワークスペースとネットワーク分離ゲートウェイを用いて、仮想ワークスペースからのみインターネットへの接続を許可します。
インターネットからのマルウェア侵入、標的型攻撃を仮想ワークスペースに封じ込め、社内ネットワークを安全に保ちます。

PC上にサンドボックスを生成してインターネットを隔離

MirageWorks iDeskは、PC上にサンドボックス(砂場)を生成してインターネット接続する仕組みです。
サンドボックスは何をしてもPCに影響しない領域で、マルウェアの侵入やサイバー攻撃を隔離し、社内ネットワークを安全に保ちます。

こんな課題にお薦めします

社内ネットとインターネットを分離したい
PC上で社内ネットとインターネットを論理的に分離しネットワークを二重化します。
USBを使用せずファイルコピーを管理したい
社内ネットとインターネット間のコピペやファイルコピーをポリシーで制御します。
物理的分離時のUSB使用による情報漏えい、ウィルス感染のリスクを回避します。
導入に時間をかけたくない
VDIによるネットワーク分離に比べ、既存ネットワークをほぼ変更せずに導入が可能です。
コストを抑えたい
物理的分離での二重投資は避けたい、VDIを検討したが高すぎる、というユーザに最適です。
PC上のソフトウェア、管理サーバ、ゲートウェイのみで安価に構築が可能です。
マイナンバー漏えい対策をしたい
インターネットを分離することで標的型攻撃をブロックします。
社内ネットを隔離するので故意または過失によるマイナンバー漏えいを防止します。
Mirageworks iDeskは、ISO/IEC 15408に基づく情報セキュリティを認証する国際規格、コモンクライテリア(Common Criteria)評価保証レベル(Evaluation Assurance Lelev)3を取得しています。安全性において、社内ネットワークと インターネット接続ネットワークを分離するネットワークの物理的二重化と同等です。

仮想環境のポリシー

プリントブロック プリント許可
クリップボードブロック クリップボード許可
画面キャプチャーブロック 画面キャプチャー許可
ファイル持込み・持出しブロック ファイル持込み・ファイル持出し許可
USB メディアブロック USB メディア許可
CD-ROM ブロック CD-ROM 許可
アプリケーション実行ブロック アプリケーション実行許可
ログアウト時初期化する ログアウト時初期化しない

Mirageworks 関連ページ