Mirageworks vDesk


仮想ワークスペースで構成される閉域ネットワーク
重要情報を一般ネットワークから隔離し、情報漏えいを防止します
MirageWorks vDeskは、クライアント仮想化技術を利用した情報漏えい防止ソリューションです。隔離された仮想ワークスペースとネットワーク分離ゲートウェイを用いて、仮想ワークスペースからのみ接続可能なサーバを設定します。 仮想ワークスペースで重要な業務を行うことにより、快適な作業環境を維持しながら外部への情報漏えいを防止します。

MIrageWorks を利用した構成例

PC上にサンドボックスを生成して作業環境を隔離

Sandboxとは、子供が遊ぶ「砂場」で、何をやっても安全な隔離された領域です。
本来、アプリケーションごとに生成され、隔離された領域(Sandbox)内でプログラムを動作させることで、ウイルスチェック等に活用されていますが、MirageWorksのサンドボックスは独立したPC環境「仮想ワークスペース」を生成します。

VDIとvDeskの比較

VDI vDesk
使用リソース サーバ(VDI) PC
アプリケーション サーバ(VDI)に搭載 PCに搭載
レスポンス 画像転送で遅い
(プロトコルオーバヘッド)
ローカルなので速い
CAD、画像処理に適する
オフライン ×
セキュリティ Fatclientの場合 △
ネットワークの隔離 ×
ネットワーク構成 大規模な変更が必要 既存で可
初期費用 20万円/ユーザ程度 3万円/ユーザ程度

仮想環境のポリシー

プリントブロック プリント許可
クリップボードブロック クリップボード許可
画面キャプチャーブロック 画面キャプチャー許可
ファイル持込み・持出しブロック ファイル持込み・持出し許可
USB メディアブロック USB メディア許可
CD-ROM ブロック CD-ROM 許可
アプリケーション実行ブロック アプリケーション実行許可
ログアウト時初期化する ログアウト時初期化しない

Mirageworks 関連ページ