Juniper Networks SRX210 製品の保守交換機についてのご案内

2012年11月22日

このたび、販売終了となりました Juniper Networks, Inc. 開発のサービスゲートウェイであるSRX シリーズの一部製品におきまして、保守交換機が現行機種ではなく後継機種となる可能性がございます。後継機種での交換対応となった場合の注意点を下記のとおりご案内申し上げます。 販売終了対象製品に対する後継機種
販売終了製品 型番 販売終了日 サポート終了日 後継製品 型番 後継製品の概要
SRX210B 2012年8月31日 2017年8月31日 SRX210BE プロセッサ以外はSRX210Bと同等
SRX210H 2012年8月31日 2017年8月31日 SRX210HE プロセッサ以外はSRX210Hと同等
サポートされているファームウェアバージョンについて 新モデルと旧モデルでは、サポートされているファームウェアバージョンが異なります。新モデルでサポートされているファームウェアバージョンは10.4以降となります。ファームウェアバージョンが異なる場合、コンフィグレーションが一部変更となる可能性があります。予め10.4以降へのアップグレードを推奨いたします。対応が必要な場合にはお問い合わせください。 冗長構成時の交換について 冗長構成を組まれている場合、新旧モデルでの冗長構成はサポートされておりませんので二台とも交換を実施させて頂くことになります。交換の際は一台ずつの交換作業とさせて頂きますが、数秒から数分の通信断が発生することになります。あしからずご了承ください。 ご案内の全文はPDFファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat 8以降、もしくは、Adobe Reader 8以降が必要です。PDFファイルにはベリサイン発行の証明書による署名を行っています。証明書の検証方法はこちらをご覧ください。

また、それ以前のAdobe Acrobat/Adobe Reader/Adobe Acrobat Readerでは正しく開くことができません。また、他社製の互換ソフトでも正しく開かないおそれがあります。

最新のAdobe Readerをダウンロードするには、アイコンをクリックしてください。