「Shimeji」の文字入力情報送信に対応する製品について

2013年12月26日、バイドゥ(百度)が提供するPC用のIME「Baidu IME」とAndroid用の日本語入力ソフト「Simeji」により日本語入力の文字列が外部に送信されていることが明らかになり、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)から中央省庁に対し注意喚起が行われました。 弊社取扱いの次世代ファイアウォール"PaloAlto PAシリーズ"では、「Baidu IME」等のアプリケーションを識別し、ネットワークを経由した"意図しない情報の送信"を制御することが可能です。 また、ユーザ識別機能と組合せることで、利用端末、利用ユーザを特定します。 本件、大きな反響をいただいており、検知/対応の実績が報告されています。ネットワークのコントロールを維持し続ける為に、優良で望ましいアプリケーションとそうでないものを「見える化」し、外部からの脅威を制御することが求められています。 本件に関するご質問・ご相談につきましては、下記よりお問い合わせください。 製品に関するお問い合わせ Palo Alto Networks 製品紹介