NetAttest EPSの販売を開始

ネットワークセキュリティ事業を推進するジェイズ・コミュニケーション株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役:愛須 康之、以下ジェイズ・コミュニケーション)は、株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下ソリトン)が開発・販売する認証アプライアンス『NetAttest EPS』と『NetAttest EPS-ap』をパートナー企業を通じて販売開始します。

『NetAttest EPS』シリーズは、無線アクセスポイントやリモートアクセスゲートウェイなどと連携し、電子証明書やワンタイムパスワードを用いた認証により、企業ネットワークから不適切な人物・端末を排除する認証アプライアンスです。

スマートデバイスの普及により、マルチデバイス・マルチワークスタイルに対応するセキュリティ対策として、ネットワーク接続時の認証強化が求めらています。『NetAttest EPS』シリーズは、固定パスワード認証、電子証明書認証、ワンタイムパスワード認証、と3種類の認証(多要素認証)に対応しており、オプション製品の『NetAttest EPS-ap』を利用して、スマートデバイスへ安全な証明書導入が可能です。

認証アプライアンス製品として国内シェアNo.1 *の販売実績がある同製品は、冗長構成や分散構成にも対応し、専門技術やコマンド等の習熟を必要とせず、手軽に導入できるのが特長です。また、仮想環境での導入には、アプライアンス製品と同様の機能を既存の仮想環境に構築できる『NetAttest EPS Virtual Appliance』を提供します。

ジェイズ・コミュニケーションは『NetAttest EPS』シリーズを、既に多数取扱い実績のある無線LAN製品やネットワークセキュリティ製品との連携ソリューションとしてご提案し、無線LANやリモートアクセス利用時のネットワーク認証強化ソリューションとして提供します。

製品についての詳しい情報は以下のページよりご覧いただけます。
http://jscom.jp/products/soliton/netattest_eps

本プレスリリースの全文はPDFファイルでご覧いただけます。
NetAttest EPSの販売を開始(PDFファイル)

* 株式会社富士キメラ総研「2013 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧」RADIUSサーバー(アプライアンス)市場にて国内シェアNo.1

ジェイズ・コミュニケーションについて

ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、1995 年4 月に設立された、ネットワークセキュリティ、ネットワークインフラ技術に特化した企業です。ネットワークセキュリティ製品のディストリビューション事業、ネットワークインテグレーション事業、ネットワークサービス事業(保守・運用サービス、クラウドサービス)を展開しています。
資本金 2 億3,750 万円、 代表取締役 愛須 康之

詳しくは以下のページをご覧ください。
http://jscom.jp/company/

株式会社ソリトンシステムズについて

日本でいち早くLANに取り組み、企業や官公庁の大規模ネットワークの構築を手掛けるとともに、ネットワークOSやプロトコルソフトの開発でも実績を重ねてきました。その技術力を基に、近年はインターネットの普及に合わせ、認証を始めとしたITセキュリティ関連製品の開発とそれを利用したサービス、スマートデバイスを活用したビジネスソリューションにも注力しています。  設立:1979年  売上:112億円(2014年3月期/連結)

お問いあわせ

報道関係のみなさま
マーケティング部 広報担当 水野
tel : 03-6222-5858
fax : 03-6222-5855
電子メール: press@jscom.co.jp