Rapid Watch for Cyberoamの販売を開始

次世代UTMで高度なマネージド・セキュリティ・サービスを提供

ネットワークセキュリティ事業を推進するジェイズ・コミュニケーション株式会社(東京本社:東京都中央区、代表取締役:愛須 康之、以下ジェイズ・コミュニケーション)は、次世代UTMであるCyberoam NGシリーズを利用したマネージド・セキュリティ・サービス『Rapid Watch for Cyberoam」』を提供開始します。本日よりジェイズ・コミュニケーションのパートナー企業を介し て中堅、中小企業向けに販売します。

ビジネスにおけるセキュリティは益々重要性を増しています。メールやWebサイトによる標的型攻撃を始め、スパイウェアによる情報流出、ボットネットの踏台とされる可能性、内部からの情報漏えい等、従来のファイアウォールでは対応できない事象が起きています。

「Rapid Watch for Cyberoam」は、次世代UTMであるCyberoam NGシリーズを利用してアプリケーション制御(レイヤー7ファイアウォール)、カントリーフィルター、IPS(侵入防止システム)、Webフィルター、Web/メールアンチウィルス等を提供するサービスです。ジェイズ・コミュニケーションのSOC(セキュリティ・オペレーション・センター)から設定、運用、監視を行います。

「Rapid Watch for Cyberoam」は、ゲートウェイLAN側にブリッジ接続する「SecureTap」およびインターネットに直接接続する「SecureGate」の2タイプ、また、処理能力によりSmall(推奨25ユーザ)、Medium(推奨50ユーザ)、Medium+(推奨100ユーザ)の3レベルのサービスが提供されます。

月額サービス価格および初期設置費は以下の通りです。料金には、機器レンタル、UTMサブスクリプション、ソフトウェア保守、オンサイト機器障害対応が含まれています。

  SecureTap SecureGate
Small(推奨25ユーザ) 15,000円/月 18,000円/月
Medium(推奨50ユーザ) 18,000円/月 21,000円/月
Medium+(推奨100ユーザ) 22,000円/月 25,000円/月
初期設置費 50,000円 60,000円

ジェイズ・コミュニケーションは、「Rapid Watch for Cyberoam」により多様化するセキュリティ脅威に対応しつつユーザに負荷のかからないサービスを安価に提供します。セキュリティ管理者が不在か、手が回らない中堅、中小企業に、高度なセキュリティをフルアウトソーシングします。

製品についての詳しい情報は以下のページよりご覧いただけます。
https://jscom.jp/products/cyberoam/cyberoam-mss/

本プレスリリースの全文はPDFファイルでご覧いただけます。
Rapid Watch for Cyberoamの販売を開始(PDFファイル)

* 次世代UTMとは、従来型UTMのファイアウォール、VPN、IPS、アンチウィルス、Webフィルターに加え、アプリケーション制御(レイヤー7ファイアウォール)、ユーザ制御等を搭載した次世代セキュリティ製品です。

ジェイズ・コミュニケーションについて

ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、1995 年4 月に設立された、ネットワークセキュリティ、ネットワークインフラ技術に特化した企業です。ネットワークセキュリティ製品のディストリビューション事業、ネットワークインテグレーション事業、ネットワークサービス事業(保守・運用サービス、クラウドサービス)を展開しています。
資本金 2 億3,750 万円、 代表取締役 愛須 康之

詳しくは以下のページをご覧ください。
http://jscom.jp/company/

お問いあわせ

報道関係のみなさま
マーケティング部 広報担当 水野
tel : 03-6222-5858
fax : 03-6222-5855
電子メール: press@jscom.co.jp