Junos Pulseクライアントソフトウェア サポート終了のご案内

2014年10月のJuniper Networks社によるPulse Secure社へのSSL-VPN関連事業売却に伴い、ブランチSRXシリーズに同梱されているJunos Pulseクライアントソフトウェア(以下、「Junos Pulseクライアント」)がサポート終了になりますので、下記の通りご案内申し上げます。

特定のSRXシリーズ向けJunos OSバージョンから、Junos Pulseクライアントが同梱されなくなりました。Juniper Networks社の方針に基づき、以下の範囲のみJunos Pulseクライアントに対するサポートを提供いたします。 • Junos OSのバージョンが、サポート期間内であり、Junos Pulseクライアントが同梱されているものであること • Junos Pulseクライアントのバージョンは、サポート対象のJunos OSのバージョンに同梱されているものであること 以下のOSバージョンよりJunos Pulse クライアントは同梱されていません。
Junos OSバージョン 対象プラットフォーム
12.1X44-D45.2 以降のX44バージョンはサポートされません SRX100、SRX210、SX220、SRX240、SRX550、SRX650
12.1X46-D30.2 以降のX46バージョンはサポートされません
12.1X47-D15.4 以降のX47バージョンはサポートされません
12.3X48-D10.3 以降のX48バージョンはサポートされません
※X45バージョンはすべてEOLを迎えています。 以下はJuniper Networks社のサポート対象外となります。 • サポート範囲外のJunos OSおよびJunos Pulseクライアントバージョンの組み合わせ • Pulse Secure社が提供するクライアントソフトウェア • その他のサードパーティ製クライアントソフトウェア

Dynamic VPNライセンスについて
Dynamic VPNライセンスはDynamic VPN機能を利用する際の同時接続数を増やすためのライセンスとして提供しておりました。 サードパーティ製のVPNクライアントにてSRXシリーズに接続する場合、このライセンスに関係なく、SRX本体でサポートされるIPsec VPN同時接続数までVPN接続を行うことができます。

参考メーカ資料 [SRX] SRX no longer presents ability to download Pulse client from SRX
http://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=KB29637

Junos Dates & Milestones
http://www.juniper.net/support/eol/junos.html

上記の内容は以下のPDFファイルにてご確認ください。 http://jscom.jp/wp-content/uploads/news_20151009a.pdf