Metasploitによる脆弱性検証ソリューション

攻撃者の動きを知ることは、攻撃に備え準備を行う上で有効です。多くのペネトレーションテストには時間がかかるプロセスがあり、その結果、セキュリティ評価はスポットチェックとなり範囲が限定されるため、リスクの判断を誤ってしまいます。Metasploitはエクスプロイトおよびレポート作成といった共通のタスクにかかる時間を短縮することで、効率的なリスク評価を手助けすることができます。

クローズドループによる検証と管理

Rapid7はNexposeとMetasploitの二つのソリューションで、脆弱性の探査→発見→検出→検証(実証)→脆弱性リスク分類→分析→対策→対策実施効果確認テスト→最終報告までの一元化、自動化を行います。「クローズドループの標準化」を可能にし、煩雑になりがちなセキュリティリスク管理 の省力化を実現します。