Juniper Networks と Ruckus Wireless 技術提携を発表

2015 / 06 / 23
ハイパフォーマンスとイノベーションで、常にネットワーク業界をリードする[ Juniper Networks ] と最先端の無線LAN技術を発明し無線市場で急成長を遂げる[ Ruckus Wireless ]が統合された有線/無線ソリューションの提供に向け技術提携を発表しました。
バーチャルシャーシテクノロジーにより、コスト削減と拡張性を提供するJuniper NetworksのEXイーサネットスイッチと無線環境で、究極の「つながりやすさ」を提供する[ Ruckus Wireless ]のSmart Wi-Fiシステムが連携することにより、有線/無線を統合したワンストップ・ソリューションを提供します。
両社の統合されたネットワークは、増加するモバイル機器やトラフィックが増大するネットワークに対して、キャリアクラスのパフォーマンスと信頼性、そしてエンタプライズに求められる柔軟性、拡張性を提供しネットワーク全体で導入から運用まで大幅なコスト削減を実現します。

Juniper Networks の特徴

  • ハイパフォーマンスL3スイッチ
  • ファンレスPoEタイプから10/40GbE対応まで幅広いライナップ
  • Juniper独自のバーチャルシャーシテクノロジー
  • キャリアクラスの高い信頼性と可用性
  • 10台のスイッチを1台に集約
  • キャリアで実績豊富なJunos OS
  • 導入・運用コストを大幅削減

Ruckus Wireless の特徴

  • 特許を取得した「BeamFlex」技術
  • 無線通信の優れたの安定性とつながりやすさ
  • 干渉に強いアクセスポイント
  • 広いカバレージ
  • 自己学習型アンテナパターン
  • Smart機能
  • 屋内用、屋外用に幅広いラインナップ

ソリューション概要

クラス最高のエンドtoエンド・インフラストラクチャー
ラッカスのZoneFlex アクセスポイントと管理プラットフォームのSmartZone、ジュニパーのEXシリーズを組み合わせたソリューションは、業界最高クラスのパフォーマンスと拡張性を備え、あらゆる企業のビジネス要件に対応できる有線/無線ネットワークを提供します。

ラッカスの802.11ac Wave2 対応アクセスポイントは最大2.5Gbpsの従来に比べ劇的に高いスループットと高クライアント密度の環境をサポートします。このパフォーマンスを最大限引き出すには、強靭なバックボーンネットワークが必要となり、パフォーマンスと拡張性に優れたEXシリーズを導入することで、最も要求の厳しい無線デバイス/アプリケーションをも容易に対応できるインフラを構築できます。

シンプルさと信頼性への共通アプローチ

ジュニパーとラッカスが共有しているゴール「ネットワークを限りなくシンプルに。」ラッカスのSmartZone 3+1クラスタリングとジュニパーのバーチャル・シャーシ・テクノロジーは仮想技術を用いて管理対象デバイスの数を削減します。
これにより、企業はスモールスタートから、管理するデバイスを増やすことなく、ビジネスの成長に合わせてネットワークを拡大できます。また、アクティブ/アクティブのバックアップ機能を持つこれらの仮想技術は、例えデバイスが故障したとしても、パケットロスゼロのネットワークを維持します。

有線/無線、セキュリティ、管理を一つに

ジュニパーとラッカスの提携は、単なるスイッチと無線LANの接続を超えて、セキュリティと管理機能を提供します。
Junos® Space Network Directorは単一の管理プラットフォームにより、新サービスのプロビジョニングを容易にします。外部との境界線においてはジュニパーのサービスゲートウェイ SRXシリーズを利用することでセキュリティを担保できます。
ラッカスのオンボーディング機能によるBYODプロビジョニングは既存環境を利用して実装できるため、余分な追加コストを省きつつ、ユーザのセキュリティを確保します。

Juniper & Ruckus の連携は当社にお任せください


Juniper network と Ruckus Wireless の販売 / 構築は、ジェイズ・コミュニケーションにとって、実績も豊富、最も得意とする製品です。
お気軽にお問合せください。

ジェイズ・コミュニケーションの販売プロダクト

Juniper : 10年以上の製品販売・構築の実績
Ruckus : 3年連続 Distributor of the year Japan 受賞