Splashtop / スプラッシュトップ

世界売上No.1 高速リモートデスクトップアプリ
iPad、iPhone、Android タブレット、スマートフォンなどの有料アプリとして、1,600万以上のダウンロード実績を誇るリモートデスクトップアプリ[ Splashtop : スプラッシュトップ ]が、企業向けにクラウド版として登場しました。 サーバ不要で、お申込み後すぐにサービスをご利用いただけます。

Splashtop リモートデスクトップの特長

モニタ画面は通常、PCにつながっています。
リモートデスクトップの仕組みを使えば、持ち運べるもう一つのモニタがあるかのように、離れた場所から自分のPC画面を見る事ができます。
Splashtopは端末にデータを残しません。万が一端末を紛失しても、データを守ることができます。
Splashtop Centerの管理機能を使えば、自社のコンプライアンスに沿った機密保持が可能です。
1

簡単インストール

ネットワークやサーバの設定変更は不要です。必要なのは、「 Splashtop Streamer 」とクライアント用のアプリだけ。わずか 4 ステップで10分セットアップが完了し、とても効果的です。
2

使い方がわかりやすい

直感的で使いやすいユーザーインターフェースで、ユーザーを困らせません。ほぼユーザーのトレーニングなしで、導入することができます。
3

ハイパフォーマンス

ノートPCやスマホ&タブレットに、いつも使っているPC画面をリアルタイムで高速に動画配信する技術を採用。1秒あたりのフレーム数30をサポートします。
4

管理が簡単

管理画面にはウェブブラウザでアクセス可能。ユーザーのアクティブ・非アクティブ化、メンバーの招待、接続者のログレポート閲覧などが簡単に行えます。

4ステップ、10分でセットアップ完了

1

Step1 - サインアップ

オンラインでサインアップ後、管理者権限でログインします。
2

Step2 - ユーザーを招待

アカウントを作成し、ユーザーを招待します。
3

Step3 - ダウンロード

Splashtop Business アプリをモバイル端末にインストールします。 ユーザー側は、端末のアプリストアからダウンロードします。
4

Step4 - デスクトップに接続

Splashtop Streamer をアクセスしたいコンピューターごとにインストールします。ユーザーはログインして自分にデスクトップに接続します。

こんな課題に最適です

Splashtop business はこんなシーンにもおすすめです

ビルの設計の現場で

モバイル端末からオフィスのPC内に保存されたCAD設計図を確認し、そのまま設計図を修正。
顧客の要望をその場で反映でき効率的です。
独自の画面転送技術を備えた Splashtop なら、高い処理能力が必要なソフトもスムーズに操作できます。

病院で

モバイル端末から電子カルテを閲覧。病院内の移動ちゅうでも、患者のCT画像や検査結果を確認することができます。
暗号化技術によって、大切な個人データは守られているので安心です。

営業活動中に

営業担当者は外出先からでお、社内システムにアクセス。CRMシステムで顧客の情報を閲覧したり、在庫管理システムから在庫状況を確認することができ、ビジネスのスピードアップが図れます。
モバイル端末側にはデータが残らないので、万が一の紛失からも会社の重要な情報を守ることができます。

遠隔拠点や自宅から

VPN に入っていない事務所や在宅勤務者の自宅でも、自席PCから社内システムを閲覧。マウスとキーボードを使って、いつものPCでいつものように使えるので、ストレスがありません。
ネットワーク構成を変更する必要がないので、新しい事業所や在宅勤務者の増加にも柔軟に対応できます。

低コストの利用がうれしい

会社のPCにPowerPointライセンスがあれば、Splashtop利用時は遠隔で動かすので、タブレットに側にはライセンスの追加が無くてもPowerPointを利用できます(リモート時)

低コストに実現

Splashtop Business は、1ライセンス¥800/月、最少5ライセンス、最低1年間から利用可能です。初期導入費は無料で、コストパフォーマンス抜群です。
詳細はこちら