WisePoint / ワイズポイント

WisePointシリーズ について


利便性と高いセキュリティ強度を同時に実現した新しいタイプの本人認証システム
「パスワードを安全に維持する」ことは実はかんたんなようで難しい課題です。憶えやすくするとシンプルになり、第三者による解読率が上昇してしまいます。かといってジェネレータなどを使って複雑なパスワードを生成すると、今度は憶えられずに入力に失敗してしまう可能性があります。パスワードで保護されたシステムの多くは複数回失敗するとアカウントが無効になったり、安全担保のためデータを消去してしまうものもあります。

ワンタイムパスワード認証システム WisePointシリーズは、そんな不安や煩わしさを軽減する、利便性と高いセキュリティ強度を同時に実現した新しいタイプの本人認証システムです。

チャレンジ&レスポンス方式によるワンタイムパスワード認証システム

WisePointシリーズは、ファルコンシステムコンサルティング株式会社が独自開発した認証システムです。数多くの導入実績に裏打ちされた信頼性は高速性とともに大規模システムにも対応できる強固な認証システムです。ブラウザを利用して、ワンタイムパスワードを生成する次世代の認証方式で、リモートアクセス認証、Webアクセス認証、携帯電話ID認証等に幅広くご利用できます。独自のワンタイムパスワード認証方式により、アクセスの度に、使い捨てのパスワードを生成させます。よって、パスワードの定期的変更が不要となり、システム管理者の手間を大幅に削減できます。
パスワード管理の強化と管理自体のコスト削減をめざすオフィスに最適です。

1

WisePoint 認証方式

イメージングマトリクス認証は、イメージ画像がパスワードとなる認証です。ユーザが思い出すのは自分で事前に決めたイメージ画像とその順番。ログインごとにイメージの位置や位置情報 (縦横の乱数値) が変わり、ワンタイムパスワードを生成します。
憶えやすく忘れにくいイメージを認証シードとして利用するため、ユーザは覚えにくい 桁数の長いパスワードを覚える必要はありません。

その他の特徴
・ ブラウザのみで認証可能なトークンレス認証。認証媒体の携帯や端末へのインストールは不要です。
・ お好みのイメージ画像に入れ替えも可能です。
・ イメージクリック式と数値入力式の2種類の入力方を、状況によって使い分けることが可能です。(PCのみ)
2

ワンタイムパスワード認証

ワンタイムパスワードとは、認証を行う際に、1度きりしか使えない「使い捨てパスワード」のことです。
外出先などからリモートで、社内システムなど内部のリソースへアクセスする際に、アクセスしてくるユーザが正規ユーザであるか否かを検証する認証技術の一つです。WisePointシリーズのWisePointおよびWisePoint Authenticatorが共通で持っている認証機能では、ワンタイムパスワードの技術を使っています。 また、WisePoint OTPGeneratorでも、携帯電話にワンタイムパスワードを表示する機能を持たせています。
3

イメージングマトリクス認証

イメージングマトリクス認証は、イメージ画像がパスワードとなる認証です。ユーザが思い出すのは自分で事前に決めたイメージ画像とその順番。ログインごとにイメージの位置や位置情報 (縦横の乱数値) が変わり、ワンタイムパスワードを生成します。
4

マトリクスコード認証

マトリクスコード認証は、オンラインバンキングでも利用されている「マトリクスカード」を用いた認証です。ユーザごとに異なる乱数表を記載したマトリクスカードを所有し、その乱数表を利用して認証を行います。
5

Jパスワード認証

Jパスワード認証は、ユーザが従来から持っている記憶を利用した認証です。任意の質問 (チャレンジコード) に対し、一定時間内に正しいレスポンスを返すことによって本人認証が行われます。
6

携帯電話ID認証

携帯電話ID認証は、携帯電話が端末ごとに持っているユニークなID (製造番号) を使った認証です。ユーザは、WisePointサーバに事前登録した携帯電話のIDを直接送信するだけでOK。携帯電話IDをユーザIDとして利用することで、ユーザの入力の手間を省くことができます。

WisePoint シリーズ ラインナップ