医療業界での実績多数

低コストで実現可能な
インターネット分離
ソリューション

資料ダウンロードはこちら
OVERVIEW

医療機関でもインターネットが
利用される時代

昨今、多くの医療現場で文献検索やメール等、インターネットが活用されるようになりました。
そのような中、2018年5月には世界的なランサムウェア「WannaCry」が発生し、日本の医療機関においても相次いでコンピュータウイルスの感染事案が報告され、医療提供体制に支障が生じる事例も発生しました。今、医療機関等におけるサイバーセキュリティ対策の強靭化が急務となっております。

FEATURE: 製品間連携で自動でインシデント対応

FEATURE: 製品間連携で自動でインシデント対応

インターネット分離における課題

サイバーセキュリティ確保の手段の1つとして、電子カルテ端末などの医療系システムとグループウェアなどの業務系システムを分ける「インターネット分離」があり、非常に高いセキュリティを実現可能な対策です。
しかし、インターネット分離は“高額”かつ“Webの利便性低下”といった導入に際しての非常に大きな課題があります。

インターネット分離した際によくあるお客様のお悩み

インターネットの情報収集に
手間や時間がかかる

ファイルダウンロードは
禁止にしたいが、
資料の印刷は可能にしたい

入院中の患者様からの
問合せに迅速に対応したい

RevoWorksはそんなお悩みにお応えします。

よくあるお悩み 1

インターネットの情報収集に
手間や時間がかかる

インターネット接続用の端末と医療系端末を物理的に分けている場合、インターネットからの情報が必要になった際はインターネット接続用の共有PCまで移動して確認し診察に戻るか、医療秘書が調べて診察室まで届けなくてはいけません。

RevoWorksであれば、電子カルテ等の閲覧・作成とインターネット接続が1台で可能になり、手間の削減、時間短縮が可能になります。

wisepoint
wisepoint

よくあるお悩み 2

ファイルダウンロードは禁止にしたいが、資料の印刷は可能にしたい

ファイルのダウンロードにより医療系システムの感染が発生した場合、外部へ情報が流出してしまうリスクがありますが、患者さんへ地域医療機関への地図などが記載されたWebページを印刷してご案内する等、印刷機能は欠かせない機能です。

RevoWorksは、ファイルのダウンロードを禁止した上でWebページの印刷が可能です。

よくあるお悩み 3

入院中の患者様からの問合せに
迅速に対応したい

セキュリティの観点からインターネット利用を医師と医療連携室の職員のみに限定する場合、夜間に入院中の患者様からの問合せがあった際、当直の看護師だけではすぐに回答することが難し、翌日になっての対応になってしまうケースがあります。

RevoWorksを導入すると、スタッフステーションのPCからでも安全にインターネットに接続できる環境が整備できるため、入院中の患者様からの夜間の問合せにも迅速に答えることができるようになります。外来診療の効率化のみならず、更なる患者視点での医療提供を行う手段としても有効です。

wisepoint

Case Study導入事例

インターネット分離
ソリューション

RevoWorks製品一覧

Revoworks SCVX SCVX ロゴ

サーバコンテナ技術を利用した
画面転送方式により
高い安全性を誇る
サーバ型仮想ブラウザ

詳しく見る

Revoworks Browser Browser ロゴ

WEB会議も可能。
高い安全性と
容易な高い利便性を提供する
ローカル仮想ブラウザ

詳しく見る

Support購入検討サポート