Juniper Networks Infranet Controller ( IC ) Series

当シリーズは販売終了しています
会社のネットワークにはゲスト、契約業者、出先や外勤の従業員などさまざまなユーザがアクセスします。アクセス環境を用意するときには、同時にきめ細かい コントロール態勢を確立し、会社の防御とコンプライアンスの徹底を図ることが大切です。事前・事後の認証、不適合ユーザの検疫・修復といったネットワー ク・アクセス・コントロールが不可欠となり、またユーザの利用形態を問わずにアクセス・コントロールを適用し、既存のIT資産を有効活用できることが求め られています。

Juniper Networks UAC 2.0は、ユーザのアイデンティティと端末のセキュリティステータスに、ネットワーク上のアドレス情報を相互に紐付けることで、セッションごとに各ユーザに適切なアクセス・コントロール・ポリシーを生成する柔軟性に優れたソリューションです。

Juniper UAC 2.0は、Steel-Belted Radius (SBR) 機能を搭載するセキュリティポリシー集中処理エンジンである『Juniper Infranet Controller』、Infranet Controllerから配布される『UACエージェント』、802.1X準拠のEthernetスイッチやJuniper SSGファミリなどの『UACエンフォースメント・ポイント』から成り立つ、統合型ソリューションです。

Infranet Controller ( IC )シリーズ の主な機能

Juniper Networks UAC 2.0は、ユーザのアイデンティティと端末のセキュリティステータスに、ネットワーク上のアドレス情報を紐付け、ユーザごとのアクセス・コントロール・ポリシーを設定します。レイヤ2には802.1X、レイヤ3にはオーバーレイ方式で対応します。
また、ネットワーク接続のコントロールは802.1Xで処理し、リソースのアクセス・コントロールはレイヤ3で処理する混在環境も実現可能です。

標準準拠のソリューション

802.1X準拠のアクセス・コントロール

802.1X準拠であれば、ベンダを問わずサポート。制約条件なしに最適な機器を自由に選べるため、シングルベンダ環境に縛られて、将来的に選択肢を狭めてしまうこともありません。

Trusted Computing Groupのオープン仕様であるTNC(Trusted Network Connect)標準を積極的にサポート

相互運用性を心配することなく、セキュリティ・ソリューションを自由に選択できます。また、最適なソリューションを選べるため、最短期間で導入効果を実現可能。

AAA、スイッチング、セキュリティの各種インフラの既存資産を有効活用