Juniper Networks Secure Access ( SA ) Series

当シリーズは販売終了しています (一部、サポートも終了)
外出先や出張先から、さまざまな通信手段を利用してオフィスリソースにアクセスすることは、ビジネスパーソンにとって、もはや当たり前の行動となってきています。インターネット回線などを利用して外部からオフィス内部へと通信する以上、一定のセキュリティを確保する必要があります。

Juniper Networks Secure Accessシリーズは業界標準のSSLを利用し、クライアントとオフィス間の通信経路を暗号化します。さまざまなウェブブラウザに標準搭載されているSSLを利用することで、クライアントソフトウエアのインストールは特に必要なく、Windowsはもちろんのこと、Mac OS XやLinuxなどマルチプラットフォームで利用でき、アプライアンスを設置するオフィス側のネットワーク構成も特に変更なく利用することができます。

豊富な機能と製品ラインナップ
Secure Accessシリーズは、ウェブブラウザを利用してのアクセスをはじめ、IPsec VPNのようにネットワークにフルアクセスできる『Network Connect』、サーバ・アプリケーション形式のアプリケーションをSSLトンネル越しに利用可能にする『Secure Application Manager (SAM)』など、アプリケーションやネットワーク環境によってさまざまな接続方法を利用することができます。

また、クライアントコンピュータのセキュリティチェックを行う『Host Checker』、キャッシュをすべて削除する『Cache Cleaner』(Windowsのみ) など、さまざまなセキュリティ機能も搭載しています。

Secure Accessシリーズ の主な機能

ウェブブラウザなどが採用する暗号化アルゴリズム『SSL (Secure Socket Layer)』を利用して、ユーザに優しいセキュアリモートアクセス環境を構築できるのがJuniper Networks Secure Accessシリーズです。
オフィス側は特にネットワーク構成や回線の変更を行うことなく配置でき、クライアントもWindowsはもちろん、Mac、Linuxなどいつも使っているOSと、いつも使っているウェブブラウザで、グループウエアやファイルサーバ、さまざまなイントラネットサイトへ接続できます。さらにクライアントコンピュータのセキュリティ状態をチェックする『Host Checker』や、Windowsコンピュータを一般ユーザやPower User権限のままで利用できる『Installer Service』など、ユーザはもちろん、管理者の負担を軽減する充実した機能をあわせもっています。

Secure Accessシリーズ の主な機能

以下の2パターン以外にも、お客さまの構成にあわせて柔軟に設置することができます。
パターン 1 : 一般的な構成例
パターン 2 : Instant Virtual System (IVS) を活用した構成例

Juniper Secure Access 管理画面イメージ

ユーザ サインインページ

ユーザ ポータルページ

ユーザ Windowsファイルアクセス

管理者 ダッシュボードページ