Juniper Networks WX / WXC シリーズ 製品ラインナップ

 WXC1800WXC2600WXC590WXC3400
パフォーマンス・機能
トータルリダクションスループット512 k – 2 Mbps2 M – 8 Mbps2 M – 45 Mbps 10 M – 45 Mbps
対応トンネル1050140140
バーチャルエンドポイント210120120
定義可能なアプリケーション256256256256
最大ルート8000800080008000
ハードウエア
Ethernetインタフェース10/100BASE-T x 210/100/1000BASE-T x 210/100/1000BASE-T x 210/100/1000BASE-T x 2
WX Stack用インタフェース0000
その他のインタフェース0管理用10/100/1000
BASE-T x 1
AUX 10/100/1000
BASE-T x 1
USB x 1
0管理用10/100/1000
BASE-T x 1
AUX 10/100/1000
BASE-T x 1
USB x 1
ハードディスク80 GB x 1250 GB x 1
(フィールド交換可能)
250 GB x 2
(フィールド交換可能)
500 GB x 2
(フィールド交換可能)
サイズ・電源
サイズ368 x 235 x 44
mm (1U)
445 x 368 x 46
mm (1U)
434 x 424 x 86
mm (2U)
445 x 457 x 86
mm (2U)
質量 2.7 kg (外部電源のぞく)
3.2 kg (外部電源込み)
7.7 kg11.3 kg13.6 kg
電源60 W
外部電源
300 W
シングル
300 W
デュアル
400 W
デュアル (AC/DC)
高可用性
WX Stack××クライアント* ×
パススルーモード (バイパス機能)
*……WX100 x 1台とWXC500 x 最大6台の組みあわせ、もしくはWX100 x 1台とWXC590 x 最大6台 (最大840トンネル、720バーチャルエンドポイント) の組みあわせとなります
トータルリダクションスループットについて……WXの圧縮・キャッシング効果を適用できるビットレートの上限です。標準構成では最小スループットがライセンスとして付属し、ご利用になりたいビットレートにあわせてアップグレードライセンスとしてお求めいただけます。アップグレードライセンスは機種ごとに細かくご用意していますので、詳しくは価格表をご請求ください。
一般的には契約回線のビットレートと同じトータルリダクションスループットライセンスをお求めいただくのが理想的ですが、予算に応じて圧縮したいビットレートのみ (回線よりも小さなビットレート) をお求めいただくこともできます。なお、そのほかの機能はライセンスに制限されることなく適用されます。

WX Stackの構成

WXアプリケーション・アクセラレーション・プラットフォームは、WX100をマスタとするスタック構成を取ることができます。単体では最大45 Mbpsまで圧縮・キャッシング効果を実現しますが、WX Stackでは最大155 Mbpsまで効果を得ることができます。
WX StackのトータルリダクションスループットライセンスはWX100に対してのみお求めください。
WX100スループットライセンス WX60 WXC500 WXC590
最大45 Mbps 2 2 1
最大60 Mbps 3 3 2
最大80 Mbps 4 4 2
最大100 Mbps 5 5 2
最大125 Mbps 6 6 3
最大155 Mbps 6 6 3
*……トンネル数やバーチャルエンドポイントを拡張するために、6台までスタックすることができます (スループットは最大155 Mbpsです) 。