Rapid7 / ラピッドセブン

Rapid 7 の脆弱性管理

脆弱性管理ソリューション
Rapid 7 は、脆弱性管理を起点にセキュリティ対策を強化するソリューションです。
『 脆弱性リスク管理 / nexpose , insight VM 』、『 侵入テストソリューション / metasploit 』、『 Webアプリケーションスキャナー / appspider 』、『 ユーザー行動分析 / insightIDR 』の4つのソリューションを、単体もしくは組み合わせることで、事前に脆弱性を可視化して脅威性対策を見出す事が可能です。
自社やクライアントのネットワークやウェブサイトが、どの種類でどのレベル危険なのか分析して、効率的なセキュリティを実装していきましょう。
4つのリスク管理ラインナップ

継続的な脆弱性管理ツール / ネクスポーズ

Rapid7 Nexpose は、現代のネットワークにおいて、脆弱性、制御、および構成を優先順位付けし、より良いリスク管理をより早く決定できる唯一の脆弱性管理ソリューションです。
Nexpose は RealContext(TM)、RealRisk(TM)、および Metasploit から重大な脅威の認識を利用してユーザーのリスクを優先付けおよび検証するため、脅威がある問題の改善に集中できます。
insight VM / インサイトヴイエム
insightVMはNexposeのスーパーセットです。Nexposeの機能に加えてエージェント(Windows、Mac、Linux)による脆弱性リスク管理、クラウド上のダッシュボード等をサポートしています。

nexpose / insight VMの詳細へ

攻撃診断ツール / メタスプロイト

Rapid7 Metasploit は地球上でもっとも評判のよいペネトレーションテストソリューションです。 Metasploit には、平均して毎日1.2個のエクスプロイトが追加されるため、悪意ある攻撃者が弱点を見つける前に、自身の弱点を見つけることができます。

metasploit の詳細へ

アプリケーションスキャナー / アップスパイダー

Rapid7 AppSpider は、これらすべての最先端のテクノロジーの脆弱性を動的に評価し、迅速な改善策やアプリケーションの監視を可能にします。アプリケーションの安全を確保し、前に進みましょう。

appSpider の詳細へ

ユーザ行動分析 / インサイトアイディーアール

Rapid7 insightIDR は、エンドポイントからクラウドまでのユーザ行動を監視・分析するソリューションです。
従来のSIEMでは、実装困難であったユーザ行動分析を可能にします。ダッシュボードからユーザ総数、注意するべき行動数、アラート、ログイン位置情報、クラウド利用状況、ユーザのリスク等が管理でき、各調査項目をドリルダウン可能になります。

insightIDR の詳細へ

Rapid7社について

Rapid7社は2000年、アメリカ ボストンに設立されたセキュリティ分析ソフトおよびサービスのリーディングプロバイダーです。最も急成長しているセキュリティ企業としてフロスト&サリバン賞の受賞や、最高のぜい弱性ソリューションとしてガートナー社やSCマガジンから評価を受けております。
東京、UK、シンガポール、韓国に新しいオフィスを開設し、世界78各国以上で、3000社を超える顧客を獲得。日本国内でも150社以上のお客様に採用されています。