Secure Telework Solution

テレワークならではの
脅威への対策、
本当にできていますか?

盗聴 不正アクセス パソコンからの情報漏えい

最適なテレワークソリューションを提案します

お問合せはこちら

テレワークには多くの脅威が内在

Conceptテレワークには多くの脅威が内在

オフィスワークを在宅勤務で行うのに欠かせないテレワーク。
場所や時間にとらわれない働き方ができるメリットがある一方で、情報セキュリティに関して課題を抱えている企業も多くあります。
オフィスでの守られたネットワーク空間とは異なり、インターネット経由で社内システムや情報資産にアクセスするテレワークならではの脅威がそこには存在します。 大きくは「盗聴」「不正アクセス」「パソコンからの情報漏えい」の3つです。

・盗聴
テレワークはインターネットを介して通信を行うため、そこから 盗聴されるリスクがあります。インターネットの場合多少の 知識さえあれば誰でも盗聴できてしまうため、End-to-Endでの 通信暗号化の対策が必要となります。

・不正アクセス
オフィスの外から社内システムなどにアクセスするため、 不正アクセスされるリスクが高まります。この場合、 アクセス元を制限する、認証を強化するなどの対策が必要となります。

・パソコンからの情報漏えい
持ち出す場合も含めてオフィスの外にあるパソコンを
利用するため、そこから情報漏えいが起きるリスクがあります。
オフィスの外の場合、盗難・紛失など人のミスが原因によるリスクと、 マルウェア感染のリスクが高まります。

Productセキュア・
テレワークソリューション

「盗聴」「不正アクセス」の代表的なソリューションとしてはVPN方式があります。
「情報漏えい」対策を情報セキュリティの運用やデータ遠隔消去など別の
ソリューションを活用する場合は、比較的導入しやすいというメリットがあります。
「不正アクセス」対策をより強化したい場合は、利用者の利便性を損なわない多要素認証のソリューションを組み合わせるのが有効です。
また、リモートアクセスでの情報をパソコンに残さない人のミスによる「情報漏えい」対策も含めたソリューションとして、リモートデスクトップ方式・アプリケーションラッピング方式(常時接続を必要としないハイブリッド型)などがあります。

  • RevoWorks Desktop
  • WisePoint
  • splashtop
  • Pulse Secure
テレワークソリューションの方式は大きくは2つ

Methodテレワークソリューションの
方式は大きくは2つ

■VPN(Virtual Private Network)方式
インターネット上に仮想の「専用線」を設定し、特定の拠点間で安全に 通信するための方式です。

■リモートデスクトップ(画面転送)方式
自宅やテレワーク先の端末からオフィス内の端末へリモートアクセスを する方式です。

Method方式によるメリットとデメリット​

利便性
利用者の入り易さ
導入容易性
コスト
ウィルス感染リスク
情報漏洩対策

VPN方式

いつもPC環境

FWの標準機能として
実装

単一システムでの
制御は困難

単一システムでの
制御は困難

リモート
デスクトップ方式
(画面転送)

通信環境が必須

リモート操作の癖
本体の電源問題

VDIなど
方式によっては×

PCは2台必要

テレワークによる情報漏洩、ウィルス感染などのリスクが非常に低い

写真撮影は除く

テレワークはトラブル発生時に情報システム部門が
直接手当てができないため利用者の入り易さという観点は重要

Customerお客さまのニーズにお応えします

ジェイズ・コミュニケーションでは、お客さまの情報システムやニーズに即したご提案ができるソリューションを提供しています。
ハイブリッド型、リモートデスクトップ型、VPN型、認証型以外にも様々なプロダクトをご用意していますので、お気軽にお問合せください。

ハイブリッド型

RevoWorks Desktop

リモートデスクトップ型

splashtop

VPN型

CATO NETWORKS Mist Pulse Secure

認証型

WisePoint

Supportテレワークソリューションの導入は
ジェイズ・コミュニケーションに
おまかせください

※お気軽にお問合せください。

お問合せ