Darktrace

サイバーセキュリティの対策は
“出入口”から“内部”へ

初期潜入を防ぐことが難しい昨今、Darktraceは企業NWのトラフィックをAIで解析し、内部に入り込んだ脅威を検知、
優れた調査追跡機能で被害範囲を特定、隔離することで、侵害拡大を防ぐことを目的としたソリューションです。

AI(機械学習)を活用した脅威の発見

各ユーザやデバイスの挙動を分析し、ネットワークの定常状態を学習、定常状態から外れた不審な挙動に対しアラートを通知。
これにより、従来の手法では発見できなかった微細な異常を捉えることで脅威やその予兆を捉えることが可能です。

DARKTRACE エンタープライズ免疫システム

  • データキャプチャと解釈
  • リアルタイムの
  • ネットワーク全量解析
  • AI(機械学習)
  • 膨大なネットワーク情報を分析・学習し、
  • 定常状態をモデリング
  • 分析を可視化
  • 定常状態との比較により見つかった
  • 不審な挙動を分析

データ収集前、もし既にマルウェアに感染していた場合は…?

収集した最新の定常状態とラボでの研究を元としたモデルを比較することにより、
導入初期に異常動作状態となっていても不審な挙動を検知・分析し通知することが可能です。

優れたインシデント追跡機能

解析したトラフィックデータからNWを自動的にマッピング。これによりセキュリティインシデント発生時、
社内アナリストが欲しい情報を一つの画面で確認、原因や被害範囲を早急に追跡することが可能になります。

  • ダッシュボード画面
  • アラートの概要をダッシュボード画面から確認できます。Connection Dataや3D Visualizerなど、その他様々な情報をまとめて確認できます。
  • アラート発生時に
    対象端末と接続していた機器の一覧
  • 時間経過による接続の様子をアニメーションで確認することが可能なので、どのタイミングで対象端末と接続したか一目でわかります。
  • アラート内容の解説
  • どのような接続があったかログを確認することができます。新規の接続であるかの確認やどのぐらいの容量の通信があったかの確認ができます。

ジェイズ・コミュニケーションの提供内容

ジェイズ・コミュニケーションは、Darktraceの代理店としてパートナー各社様へ販売、販売支援、導入支援を行っております。 又、豊富な販売実績をもとに、パートナー各社様が抱える課題へ向けて、アドバイスもさせていただいていますので、お気軽にお問合せ / お見積りをご連絡ください。

無償製品トライアルのお申し込み

お客様環境に製品を実際に設置し無償で評価できるPoV(Proof of Value:価値証明)を実施しております。管理コンソールであるThreatVisualizerの利用だけでなく、POV期間中、Darktraceのサイバーアナリストから、検出内容についてのレポート(Threat Intelligence Report )の提供、レポートの解説が実施されます。

4週間のトライアル

日本人アナリストが実機を利用して
レポートを解説いたします。


お申し込み

運用支援サービス

ジェイズ・コミュニケーションはDarktraceを利用した運用支援サービスをご提供しております。

  • Darktrace
    トレーニングサービス
  • Darktraceの実運用を考慮した製品操作トレーニングをオンサイトでのハンズオントレーニング形式で実施します。
  • Darktrace
    運用コンサルティングサービス
  • Darktrace導入後の運用フローなど専門のセキュリティコンサルタントがコンサルティングを実施し運用設計を行います。
  • Darktrace
    運用アドバイザリサービス
  • 定期的にリモートから、Darktraceのダッシュボードへアクセスします。もし重大なインシデントの兆候や痕跡を発見した場合は、サマリーレポートを作成してご提出いたします。
  • ※週1~5回。頻度はご相談の上対応いたします。

DARKTRACE 社について

機械学習のアプローチで未知の脅威に対するソリューションを提供するITセキュリティ専業ベンダー

Darktrace(ダークトレース)社は数学者と政府情報機関のスペシャリストにより2013年英国ケンブリッジにて設立されました。米国サンフランシスコを本拠点とし32ヶ所にオフィスを展開しており、AI(機械学習)と数学理論を駆使してあらゆるネットワークの定常状態を把握することを掲げています。

テクノロジーについて