セキュリティ監視の課題

セキュリティ監視の課題

昨今、情報システムは複雑化かつ拡大しており、セキュリティ対策の対象範囲は絶えず広がっています。しかしながら、セキュリティ対策ツールはそれぞれの要素/環境を監視するため独立点在している上、より細かい動きを検知するよう改良が進んだことで大量のアラートが発生し、システム管理者はすべてのアラートを確認することができません。その結果、セキュリティ対策ツールが攻撃者の侵入を検知しても、実際の対応は難しいのが現状です。

情報システムの複雑化

様々なセキュリティ対策ツール

大量のアラート

次世代セキュリティプラットフォーム「XDR」とは?

次世代セキュリティプラットフォーム
「XDR」とは?

XDR※は、ネットワークからエンドポイントまでをAIが監視・分析し、セキュリティ脅威の検知や対応を自動化・高度化する統合型セキュリティプラットフォームです。従来のNTAやUEBA、EDRの機能を補完します。 セキュリティ強化のために多数のツールを導入することで発生していた、アラートの増加による対応負荷や、重要な脅威の見逃しなどを、軽減することが可能です。

※Crossover Detection & Responseの略称

詳しくはこちら

StellarCyber Starlightの特徴

セキュリティセンサー + 既存セキュリティ機器

セキュリティセンサー
+
既存セキュリティ機器

IDS、SandBox、NTAといった各種セキュリティセンサーを全て内蔵しています。そのため不足している要素の補完や既存センサーからの置換え/統合といったセキュリティの効率化が実現可能となります。
また、Starlightが内蔵しているセキュリティセンサーに加え、PaloAlto PAシリーズ等UTM、NGFWのセキュリティアラートログも取り込みAIでの分析が可能です。
※Starlightで取り込みができる製品の拡張は随時行っていく予定です。

マルチAI(脅威解析の流れ)

サーバやクラウド、仮想環境、コンテナ、ネットワークのパケットから、ネットワークやサーバの挙動に関するデータを包括的に収集。収集したデータを整理・分析し異常を検知。検知した異常についてAIで複合的に深刻度を判断し、本当に危険なアラートについてのみ報告します。

様々な環境サービスでの利用

オンプレミス環境、クラウド、仮想環境のハイパーバイザ、コンテナサーバ等、様々なIT環境のセキュリティ監視が可能です。また、ソフトウェアセンサーを展開することにより、オフィス環境だけに限らずIoTのエッジデバイスといった環境へも対応。また、マルチテナント機能を有しているためマネージド・サービスとしての利用も可能です。

様々なシステムに対応

様々な場所・モノの監視

マルチテナント機能

Starlight 画面紹介

StellarCyber Starlight
画面紹介

ダッシュボード

パノラマビュー

ダッシュボード

パノラマビュー

デモ動画

その他動画

AIを活用した次世代マネージドSIEMサービス
Starlight SOC in BOX

StellarCyber社 Starlightを活用した、マネージドSIEMサービスです。 専用アプライアンスをスイッチ等に繋ぐだけで、IDS、Sandbox、NTAといったセキュリティ製品の機能に加え、既に導入されているUTMやアンチウィルス、EDRといったセキュリティ機器のログを取込み、AIが統合的に解析し危険な兆候をアラート、日本語でレポートをおこないます。

Starlight SOC in BOXの詳細はこちら

ジェイズ・コミュニケーションへのお問合せ

ジェイズ・コミュニケーションは、StellarCyberの代理店としてパートナー各社様へ販売、販売支援、導入支援を行っております。 お気軽にお問合せ / お見積りをご連絡ください。